先進医療国際カンファレンス

  • 2016.11.15 Tuesday
  • 17:31

JUGEMテーマ:日記・一般 11月13日(日) 大阪 ブリーぜプラザ

未だ研究段階の治療方法であったり、有効性が確かめられその効果を期待して

先進的な医療がなされている事が判った。

中でも、高濃度ビタミンC点滴や、血液オゾン療法の臨床症例結果や

MAFの服用症例で、その効果が症例として報告され、目を引いた。

歯科用マイクロスコープセミナー 大阪モリタ研修室

  • 2016.06.19 Sunday
  • 21:07
JUGEMテーマ:日記・一般

6月19日(日)モリタ 大阪本社 講師 香川県開業 磯崎裕騎先生 マイクロスコープを使いこなすには、ミラーワークが重要なポイントであり、 12時の位置からの作業ポジションとミラーの使用がしっかり出来れば診療の効率や 摘要範囲が広がり、精密な診療が可能となる。 まだ歯科医院の3%程度の導入率から見ると、その必要性を感じていないDrが多いのが 現状である。 私の診療スタイルは直視直達が基本で必要に応じミラーテクニックで、マイクロも 必要に応じて使用するといった方法です。 現状打破にはミラーワークの更なる習得、ポジショニング、常時マイクロをすぐ使用できる 体制作りが大事で、今後の課題です。 「PD」理論に基ずく歯科用ユニット 水平位で、フットペダル、ライト、タービンやモーターは固定された位置にあり、ユニットは 上下運動のみ可、スピットンは無くうがいも出来ない構造になっている。

 

口コミ投稿はこちら

コメット流経営術 ISI活用セミナー

  • 2016.04.11 Monday
  • 14:01
ISIセミナー
JUGEMテーマ:日記・一般
4月10日(日)新大阪丸ビルでセミナーがありスタッフ全員と参加致しました。
以前コメット歯科を訪問した時、その宮殿を思わせる建物に驚きましたが、
金光院長、副院長先生の経営手腕に感動し、今回はスタッフ共々、その パワーの
出どころを探り、物の考え方を共有すため参加しました。 経営、人材(財)教育、
カウンセリング術など多くは知っているが出来ていない 、実践しなければ知らないの
と同じ、この辺の違いが如実に表れていました。
ISIシステムもすでに導入しており、それなりの成果はありますが、
十分に活用していない。 これを契機に患者さんの幸福のために、人生を美しくする
ために、誠意のある対応を 心がけ、治療計画を提案していくことが大事だと思っています。
 
 和田歯科医院 関連キーワード:歯科・歯医者 / 矯正歯科
by和田歯科医院

CTユーザーミーテイング 広島

  • 2016.03.14 Monday
  • 04:31
JUGEMテーマ:健康 3月13日(日) 10:00〜15:00 ヨシダ中国支店(広島)
講師 新潟市開業 佐藤孝弘先生
最新の丸秘使いこなしテクニック編
佐藤先生はほぼ全員の患者さんにCT撮影を行い、読影と診断、患者さんへの説明
ツールとして活用されている。
ヨシダCTの良さは、直感的に動く操作性の良さにあると思われる。
現在モリタのCTを導入して6年経過し、そのまま使用するか、買い替えか?結局
ヨシダのCTに買い替えをすることになった。
保険でのCT撮影は条件が厳しく決められており、多くは自費(2万円程度)か無料
撮影となることが多い。
放射線被ばくの問題が取り上げられることがあるが年間の自然被ばくよりはるかに
少なく、医科用CTやペットに比べものにならない程度の被ばく量です。
最近はインフォームドコンセントというより、インフォームドチョイスということが大事で、
患者さんに
最善の治療方法を選んでいただき、またそれを記録することが大事であると述べられた。
ファインキューブ独自の使い方の説明、位置づけなど細かい注意点の説明があり、
最後に「全てはCT撮影から始まる!」と述べられ、安全に楽しく治療をすることが大事
との事であった。
 ヨシダCT

日備会 総会 

  • 2016.01.27 Wednesday
  • 07:55

112.JPG

日備会総会が「鳴海」にて開催された。

馬越堅司会長(2期6年)から和田龍彦会長へと役員が改選され新しい門出となった。

新入会員2名が加わり、総勢33名となり、少し活気が取り戻せた感じであった。

次回は、保険に導入されたファイバーポスト、CR充填の接着、研磨などの研修会、
 またマイクロスコープによるエンドや歯周外科など、その操作、臨床応用について
 の研修会も予定されている。

日本全国寒波に見舞われ、25日(月)の朝診療所では水道が出なくなり、やむなく
午前中の患者さんにキャンセルの電話を差し上げる羽目になってしまった。
原因は
紫外線殺菌装置の水道管の一部が露出し凍ったもので、温水をかけることで
復旧しました。また同じことが起こらないように、しっかり保温材をまいていただく
事にしました。



スマイルデンチャー

  • 2016.01.20 Wednesday
  • 06:27
JUGEMテーマ:健康1月17日(日)新大阪新丸ビル 
つじむら歯科医院(伊勢原市開業) 穴澤 順之進(Junnoshin Anazawa)副院長の講演に参加しました。
お口の健康から全身の健康へと、トータルヘルスプログラムを提唱し成果を挙げておられるつじむら歯科医院の穴沢先生の講演の中で、ブリッジは行わないということであり、特にスマイルデンチャーについてお話がありました。
スマイルデンチャーの保証については、3か月ごとのメンテナンス、その費用、遺失や破損修理、再製、メンテナンスの方法など具体的なお話を聞くことが出来ました。
中でも普通の義歯とは異なり、修理や増歯、りベースなど、全て新しいスマイルデンチャーに再製するということで、その料金設定がなされており、患者さんに受け入れやすい形になっておりました。
伊勢原市つじむら歯科医院 歯科医師 穴澤 順之進(Junnoshin Anazawa)講演された、つじむら歯科医院副院長の穴澤先生です。
 スマイルデンチャーの紹介
和田歯科
ノンクラスプデンチャーとも言われており、私の医院でも導入しております。
確かに利点も多い義歯ですが、修理が困難で患者さんの負担が増すということで躊躇する場面がありました。今後は積極的に義歯を消耗品と捉え再製する。
という考え方に方向転換することにしました。

コメット歯科クリニック 一泊体験ツアー その3)

  • 2015.11.29 Sunday
  • 06:05
JUGEMテーマ:日記・一般  コメット歯科クリニック
コメット歯科クリニック
コメット歯科クリニック
食事にカラオケとダンスタイム
コメット歯科クリニックが成長し続けている理由は?
“奥様との夫婦愛が良い”ということであり、それには努力・忍耐・敬意が必要であると述べられた。
また、人材育成には力を入れており、必要に応じてヘッドハンテイング、時代の変化に対応した知識や技術、躾と環境整備で進化を積み重ねている。

平成25年4月18日早朝6時、サーこれから夫婦でテニスへというところへ名古屋国税局査察部の国税査察官来訪 、待ったがかかり、強制捜査で書類の押収とカルテの写真撮影、質疑応答、関係先の一斉調査、それから調査期間6ヵ月、国税調査員延べ100名による調査が開始された。
歯科医院での税務調査はよく見受けられるが、国税の査察は前例があまり無いと思います。
調査結果、何もやましい疑いも一切なく、「国税に関する実地調査を行った結果、校正決定をすべきと認めらせんので通知します。」という文書が名古屋国税局からの通知文書が届けられたそうです。
管理者の高潔な品格と指導力を発揮し、発展し続けるコメット歯科クリニックでした。

院長室にあるカウンセリングコーナー、ガラス板の下にヨットがあり机になっている。
「人をいかに幸せにするか?」未来へ向かっての、かじ取りがここで決まっています。

コメット歯科クリニック 一泊体験ツアー その2)

  • 2015.11.27 Friday
  • 05:33
 
土地600坪、建物720坪の世界一を目指す歯科医院
繁栄の基盤は、患者様のニーズや期待を徹底的に分析、満足・感動を実現するよう本気で
努力している。
これには近江商人の商売10訓を基に、具体的な取り組みをされていることである。
「仕組み創り」が大切で、患者様のデータベース化、朝礼の活用、クレーム処理、朝の体操
また、患者様満足度の評価についても、期待を超え続けることで感動を創り、感謝されることで
さらにファンを増やす。
自身も感動する好循環の環境をつくり、ラグジュアリーサービスの向上に日々改革・改善
し進化を続けている。

コメット歯科クリニック  1泊ツアー その1)

  • 2015.11.26 Thursday
  • 03:50
JUGEMテーマ:日記・一般 11月22(日)〜23日(月) 岐阜市 コメット歯科クリニック 
コメット歯科クリニックコメット歯科クリニックコメット歯科クリニック
1日目は院内ツアーで、素晴らしい院内環境と設備を見せていただきました。
副院長金光千寿子先生によるコメット流経営術の講義、夕食は医院内にあるレストランフェリーチェ
で食事をして終了。
一歯科医院としては、型破りの大きさと設備、その豪華さには圧倒されました。まさに宮殿、迎賓館
を思わせるような感動を抱きました。
さて、そのコメット流の経営術とは
“最高・最善、質の良い診療を行いたい”と言うことであり、ゆっくり時間をかけてコミニュケーション
を図り、「理想の医療」が出来るインフォームドチョイスが重要である。
また、人材教育にも力を入れており、「人は石垣なり」と言われているように、スタッフの人間力や
治療技術の向上に創意工夫されているのが感じられた。   続く・・・

30秒で患者さんをファンにさせる! イメージアップ研修

  • 2015.11.25 Wednesday
  • 06:24
JUGEMテーマ:日記・一般  11月24日(火) ニューキャッスルホテル
 講師 一色由美子先生  日備会 スタッフ研修会
イメージコンサルタントの一色先生、イメージ管理の進んでいるアメリカで勉強、イメージを作るプロとして活躍されており、服装や色、髪型などの見た目や立ち振る舞い、表情や話し方等、良いイメージを作ることが大切である。
スタッフやDr.のイメージアップに役立つお話であり、信頼感や共感を得る話し方、また清潔感を持った医院になる努力が必要であると感じた。
日備会


今週の生け花

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM