スポンサーサイト

  • 2017.01.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    紫外線殺菌装置取り付け

    • 2015.12.24 Thursday
    • 20:21
    JUGEMテーマ:日記・一般 12月24日(木)午後休診
    一時期話題になりました。歯科医院のユニット内に溜まった出る水はタービンやエンジン、スリーウェイシリンジ、うがい用の水が夜間や休日に増殖した細菌で汚染されているのでは?
    私の医院では、それぞれのユニットにはフィルターがついており、1年に1回交換しております。
    しかし、この水が細菌に汚染されているのではということです。
    歯科用では、水道水の塩素濃度を高め、水の無菌化を図る装置もありますが、残留塩素の味や臭いが残り、導入にあまり気が進みませんでした。
    そこで、今回は紫外線を使用し水道水を殺菌する装置を導入致しました。
    これで、ユニット内の水の細菌繁殖を抑え、常に殺菌された水道水が供給され、安心して使用できる環境になりました。
    歯科機械、器具の滅菌はもとより、水道水の給水管の滅菌や殺菌まで気を使っている歯科医院はほとんどありません。福山市内でも初めてと思います。
    少しでも、患者さんのために、感染予防に役立つことを願って取り付けました。


    まだ取り付けたばかりで、保温工事は後日に行います。業者さんの頭の横にはセラミック
    ボールの入った水道水洗浄装置も以前から取り付けてあります。

    流水型紫外線殺菌装置は、253.7nm付近の紫外線を、人工的に低圧水銀ランプから照射することにより、細菌の遺伝情報をつかさどる核酸(DNA/RNA)を破壊し不活性化します。不活性化された細菌や微生物は、人体内で増殖ができなくなりやがて死滅します。
    紫外線による殺菌は、熱や薬品など他の殺菌方法に比べて、対象液をほとんど変質させることもなく、またあらゆる菌種に有効な殺菌方法のため、効果的に殺菌を行うことができます。

    歯科用CT、パノラマ、セファロ複合機

    • 2015.12.23 Wednesday
    • 08:56
    JUGEMテーマ:日記・一般
    今回ヨシダの歯科用CT,パノラマ、セファロ付きの導入を決めました。
    現在モリタのCT複合機を使用して6年になります。保守契約の満期をひかえており、新しいサーバーの入れ替え等ので費用負担も考え入れ替えることにしました。
    モリタのCTは導入時から指摘していましたが、ノーベルガイドとのマッチングが良くないので、アーチファクトが多く出てその修正を行っても満足出来るる画像が得られず、そのままサージカルガイドに反映され、突起や凹みが出てきます。現在修正しながら使用しています。
    他メーカーのレセコンやデンタル召箸力携も出来ないとのことであり、連携の出来るヨシダのCTに変更することにしました。

    歯科用CTは多くのメーカーから出ていますが、今後は他社メーカーとの連携が出来る、基本的な部分では他社のデジタル機器との互換性のあるソフト開発を行って欲しいと願っています。
    価格もやっと低下傾向にありますが、まだまだ高額であり、低価格の製品は約半額近くで販売されており急成長しているのが実情のようです。
    機能やサービスの差が含まれた価格と思いますが、現在使用中のモリタのCTの安定化電源(富士通社製)の異常音が出て、交換を依頼したところ2〜3か月かかるとのこと、使用に支障はありませんが、もっとスピーデイーな対応が必要と思われます。
     


    ファインキューブE2 セファロ付

    製品コード:5801 214335

    ¥25,000,000

    ●重量:300

    ●寸法:w1,805弌H2,009弌D1,324

    ●認証番号:224ACBZX00051000(管理医療機器 特管 設置管理医療機器)

    歯のない人は認知症になりやすい

    • 2015.12.04 Friday
    • 05:28
    JUGEMテーマ:健康
     神奈川歯科大学山本龍生教授 4年間追跡調査
    愛知県在住の65歳以上の健康な高齢者4425人を対象に、歯の数で。横伊椣幣紂↓■隠綱椣焚
    ほとんどないが義歯を使用、い曚箸鵑匹覆掘△裡慣欧吠けて追跡。
    4年後、認知症を伴う介護認定を受けたかを調査。
    その結果、歯がほとんどない人が認知症になる割合が、他の3群に比べるとはるかに高かった。
    20本以上ある人を基準にすると、歯がほとんどない人は1,85倍認知症になりやすい。
    しかし、歯はほとんどないが、義歯を使っている人は1,09倍にすぎなかった。
    また、歯の手入れを心掛けていない人は、心掛けている人に比べ、1,76倍認知症になりやすい。
    次に転倒との関係では、20本以上ある人を基準にすると、19本以下で義歯を使わない人が
    2,5倍転倒しやすかった。義歯を使用している人は1,4倍程度であった。
    要介護認定と歯の関係も調べ、19本以下の人は、1,21倍介護認定を受けるリスクが高かった。
    人生80年の時代で、いかに20本の健康な歯を残すか大変重要になる。

    今週の生け花

    歯と口の健康アラカルト 一日に歯磨き何回しますか?

    • 2015.10.08 Thursday
    • 05:20
    JUGEMテーマ:健康  2015年10月7日 (水)配信毎日新聞社

    歯と口の健康アラカルト:一日に歯磨き何回しますか? /大阪

     みなさんは1日に何回歯を磨くでしょう? 2回、3回? 1日24時間のうちの大切な時間を使っているのですから、効果のあるものにしたいと誰もが思うはずです。

     では歯磨きをする理由はなんでしょうか?細かくあげるとたくさんありますが、大きく二つあげられます。一つは虫歯を予防するため、二つ目は歯周病の予防と治療です。

     虫歯の原因は、歯の表面に付着している歯垢(しこう)(プラーク)にたくさん棲(す)みついている細菌が、糖分を分解してできる酸です。したがって、歯磨きをすることにより虫歯の原因となる細菌の塊である歯垢を取り除き、虫歯になる危険性をより少なくできると考えられます。

     歯周病の原因も歯垢中の細菌が主なものです。その細菌が産生する毒素などが骨(歯槽骨)を破壊し、ついには歯を失ってしまいます。歯磨きにより、口の中の細菌の数を減らし環境を改善することが、歯周病を予防あるいは治療するうえで最も大切です。

     さて、では1日に何回歯を磨けばよいのでしょうか? 先にお話したように、口の中の細菌の数を減らすことと、糖分などに細菌が接する時間を短くすることが重要なので、可能であれば食事の後あまり長時間放置せずに歯を磨くことができればよいのではないでしょうか。つまり、歯磨きの回数は食事の回数プラスαが理想的になります。このプラスαに必ず加えていただきたいのが、就寝前の歯磨きです。就寝中に口の中の細菌は最も増殖しやすいため、就寝前に細菌を減らすために歯磨きをすることは、もっとも大切な歯磨きとなります。少し疲れていても、ちょっと気分の悪い時でも、そのまま寝てしまわずにきっちり歯磨きしてから寝てください。

     歯磨きのポイントを、今回は回数(タイミング)に絞ってお話ししましたが、歯磨きを「している」のと「できている」のとでは全く話は違います。是非、自分にあった効果的なブラッシングが「できる」ようにかかりつけの歯科医院で指導を受けてみてください。(府歯科医師会学術部)

    カープの試合、終わりました!

    岡山)早食いの人は「太りやすさ4.4倍」 岡大が立証

    • 2014.10.01 Wednesday
    • 05:10
    JUGEMテーマ:健康
    朝日新聞  2014年9月30日(火) 配信

     早食いは、やっぱり肥満になりやすかった――。岡山大学が、岡山大生約1300人を入学から3年間追跡し、立証した。肥満でなかった人が、早食いを続けるうちに肥満していくことを追跡し確かめた研究は少なく、貴重だという。

     岡山大の森田学教授(予防歯科)らは、2010年春に入学した新入生約2千人のうち、(1)3年間健診を欠かさず受けた(2)もともと肥満してはいなかった、という条件を満たした1314人を対象に調査した。

     研究チームは、学生に「脂っこいものをよく食べる」「食事が不規則」「朝食を抜く」「腹いっぱいになるまで食べる」など12項目について質問し、肥満度との関係を統計学的に解析した。「肥満」かどうかは、身長と体重から計算するBMIという指数が25以上の人とした。

     その結果、3年間でBMIが25以上になった人は38人いた。男性は女性の2・8倍肥満化しやすく、「早食いだ」と答えた人は、そうでない人より4・4倍も肥満しやすいことがわかった。

     調査・解析に当たった歯科医師で大学院博士課程2年の山根真由さんは「今後、早食いを改善すれば肥満は解消するのか、そして日常生活でできる早食いの改善法、などを研究していきたい」と話す。

     研究結果は米科学雑誌に掲載された。(中村通子)和田歯科医院     

    スーパーエナメルで、スーパースマイル!!

    高濃度ビタミンC点滴

    • 2014.07.29 Tuesday
    • 13:28
    JUGEMテーマ:健康
    高濃度ビタミンC点滴高濃度ビタミンC点滴
     
    高濃度ビタミンC点滴 半分の25CC(12,5g)使用
    今日は丑の日、ウナギの蒲焼きの代わりに高濃度ビタミンCの点滴を行いました。
    高濃度ビタミンCの歯科での応用は
    健康な歯肉の再生、歯肉の出血、歯周炎の改善  歯周病予防、インプラント
    手術後、抜歯などの 口腔外科手術後の傷の回復促進などの目的のための
    点滴療法です。

    また、その効果は口腔内だけでなく、健康維持増進、抗老化(アンチエイジング)、
    美白美肌、疲労回復、免疫力回復、がん予防、コラーゲンの生成促進風邪予防、
    冷え性、動脈硬化による脳梗塞・心筋梗塞の予防放射線障害・放射能の予防、
    白内障の予防、抗ストレス、抗アレルギー、アトピーの改善などの効果を期待し
    て行うものです。

    ビタミンCが不足すると、正常なコラーゲン合成ができなくなるため毛細血管から
    出血し、歯肉炎や貧血、全身倦怠感、食欲不振、免疫力の低下、肌のくすみ、しみ、
    しわ、がんのリスクが高まります。

    高濃度ビタミンC点滴は1回の点滴でおよそ25g〜50gのビタミンCを静脈内に
    点滴投与します。サプリメントなどの経口摂取とは違い、血中のビタミンCの濃度
    を一気に高めることで抗酸化作用が得られます。直接体内に投与することで
    繊維芽細胞の働きを高めコラーゲンの生成を促進させる効果があります。

    主な効果

    歯周病、口内炎など口腔内の歯肉や粘膜組織の健康回復、
     術後の 治癒促進と早期回復

    ● メラニンの生成を抑えて、シミや肝斑・肌の色を明るくする
     美白効果

    ● コラーゲンの生成をサポートし、シワ・たるみがなく、弾力
     のあるみずみずしい肌に甦らせる

    ● 免疫機能を強化して、風邪の予防・全身の倦怠感や疲労
     を回復

    ● ストレスを和らげ、血中コレステロールを下げる

    ● がん予防、がん治療

    さわやかに目覚めた感じで、身体がすっきり爽快な気分になりました。血液クレンジングも
    数回行ってみましたが、私には、高濃度ビタミンCの点滴が合っているようです。
    アンチエイジング効果や健康維持、種々な病気の予防効果を期待しています。
    灯篭
    別宅の庭に風情のある六角灯篭を設置してみました。







    糖尿病と歯周病の負のスパイラル 【研修最前線】

    • 2014.04.01 Tuesday
    • 04:09

    糖尿病と歯周病の負のスパイラル 【研修最前線】
    東京医科歯科大学2013年研修医セミナー第22週「歯周病と全身の健康との関わり」−Vol.3

    「歯周病と全身の健康との関わり」
    Vol.1◆治療が必要な歯周病の割合は
    Vol.2◆歯周病は掌サイズの口の穴
    Vol.3◆糖尿病と歯周病の負のスパイラル

    糖尿病の「第6の合併症」とも言われる歯周病。
    逆に重度の歯周病は、糖尿病発症リスクを増加させるとも言われている。
    糖尿病と歯周病の関係はどのようなものなのか。
    東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野教授の和泉雄一氏が解説する。
    まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)

    中等症から重症に必要な歯周外科治療
    写真
    講師は、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野教授の和泉雄一氏

     次は歯周病の治療です。中等度から重度の患者さんには一歩進んで、歯周外科治療が必要になります。

    写真
    歯周外科治療_フラップ手術クリックすると大きな画像を閲覧できます。
    写真
    歯周治療の効果クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     これはフラップ手術と言い、局所麻酔で歯肉を剥離し、歯槽骨と歯根を直接見える状態にします。歯根面の深くに付着したプラーク細菌を徹底的に取っていくわけです。そして十分デブライドメントを行った後、また歯肉を戻します。1年がかりですが、健康な歯周組織が確保できました。このように治療を進めます。

     次の症例は、歯周治療前には歯肉に強い炎症があり、不良補綴物や歯肉縁下に広がるう蝕が認められました。歯周治療後には歯肉の炎症や不良補綴物、う蝕が改善され、健康な口腔内に戻っています。

    歯周病治療は炎症を軽減する
    写真
    歯周病とサイトカインの関連クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     歯周治療をするということは、口腔内の強い炎症を取ることになります。それでは、ここで歯周病、要は強い炎症とサイトカインの関連を見てみましょう。歯周病が進行している部位では、歯肉溝滲出液といって歯と歯茎の間から出てくる組織液が出てきます。その中ではIL-6やIL-8、TNF-α、IL-1β、PGE2の濃度や総量が上昇しているという報告があります。

     歯周病患者では血清中のサイトカイン濃度も上昇していました。ここで先程の炎症を取る歯周治療を行うと、血清中のサイトカイン濃度が減少したと報告があります。このように歯周病を治療することは、炎症を軽減する。すなわちサイトカインの減少につながるわけです。

    写真
    歯周病患者におけるCRPレベルクリックすると大きな画像を閲覧できます。
    写真
    軽微な慢性炎症クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     一方、全身疾患のない歯周炎患者、要するに口腔内だけに炎症がある場合、健常者と比較して血清中のC反応性たんぱくが上昇しているという報告があります。もちろん体の中に炎症があればCRPは容易に上昇してしまいますが、歯周治療を行うとこれも容易にCRPが減少します。

     CRPが基準値以内であっても高い範囲にあれば心臓血管系疾患のリスクが上昇すると言われています。またCRPが高いと、糖尿病の発症・進行のリスクが上昇するとも言われており、歯周病が糖尿病や心臓血管系の疾患に密接に関わっていることが理解できたかと思います。

    歯周病と糖尿病の関わり
    写真
    第6番目の糖尿病合併症:歯周病クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     それでは、歯周病と糖尿病との関わりを少しお話したいと思います。1993年のDiabetes Careで、歯周病が糖尿病の第6番目の合併症と言われています。糖尿病のガイドラインには、一昨年から歯周病の話しが入ってきていますが、実は1993年から言われていることです。ピマインディアンを対象とした疫学調査からの報告で、糖尿病患者と非糖尿病患者で歯周病の進行程度を表すアタッチメントロスを調べると、糖尿病患者は非糖尿病患者に比べて全ての年代で歯周病が進行していることが明らかとなりました。

    写真
    重度の歯周病患者は糖尿病への移行が3倍以上クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     1996年には歯周病の重症度と糖尿病の関係も報告されています。境界型の患者で2年後に糖尿病と診断された患者の割合を、歯周組織が健康な者と重度の歯周病患者とで比較した論文です。HbA1cが9%以上を糖尿病と判断していますが、歯周組織が健康な人は11.3%だったのに対し、重度な歯周病患者は37%で、3倍以上の開きがありました。このようにバックグラウンドに重症の歯周病がある場合には、それだけ糖尿病に移行しやすいということが報告されています。

    写真
    歯周病と糖尿病のメカニズムの重なり_AGEsクリックすると大きな画像を閲覧できます。

     では、歯周病と糖尿病のメカニズムの重なりを検討してみましょう。いろいろなメカニズムが考えられますが、今回は、AGEs(Advanced Glycation End Products:最終糖化産物)に注目します。糖尿病患者ではAGEsが非常に多く産生されます。これがマクロファージのレセプター(RAGE)に結合すると、マクロファージが活性化します。活性化したマクロファージはTNF-α、IL-1β等のサイトカインやPGE2を産生し、それが糖尿病合併症につながると考えられています。

     歯周病側からも見てみましょう。歯周病原細菌はグラム陰性偏性嫌気性菌のため、LPSを持っています。LPSはマクロファージを活性化し、TNF-αやIL-1β等のサイトカインやPGE2が産生されます。これらのサイトカインやPGE2が破骨細胞を活性化し、歯周病の進行につながると考えられています。マクロファージ、AGE、そしてLPSを軸にして、歯周病の重症化と糖尿病合併症のメカニズムが重なってきましたね。

    写真
    糖尿病ラットの歯槽骨吸収は、AGEの働きを抑えると防げるクリックすると大きな画像を閲覧できます。

     では実際にAGEによる破骨細胞の活性化が歯槽骨の吸収につながるのでしょうか。この研究は2000年に発表されたもので、糖尿病ラットを使いAGEの働きと歯槽骨の吸収について研究したものです。AGEのレセプターであるsoluble RAGE (sRAGE)を加えると、マクロファージに結合するAGEが少なくなり、歯槽骨の吸収を抑えることができました。つまり、AGEが歯槽骨の吸収や歯周病の進行に深く関わっていることが明らかとなり、注目されるようになったというわけです。

    写真
    歯周病と糖尿病の関係クリックすると大きな画像を閲覧できます。

     これが歯周病と糖尿病の関係のまとめです。糖尿病の場合は、前述したように高血糖に伴いAGEが増加します。また、高血糖によって虚血状態や細小血管症、好中球やマクロファージ等の細胞機能の低下が起こります。そうしますと、細菌感染に対して無防備になるわけです。すなわち、歯周病原細菌の感染が起こると、LPSによりマクロファージが活性化されて炎症が増悪します。その結果、さらに炎症性メディエーターであるTNF-αやIL-1βの分泌増加が進みます。このTNF-α等は、インスリン抵抗性を上昇させますので、さらに糖尿病の悪化も招き、負のスパイラルが起こるというわけです(続く)。

    口臭 歯周病か舌汚れ疑って

    • 2014.02.25 Tuesday
    • 18:39
    毎日新聞社  2014年2月25日(火) 配信

    くらしナビ・ライフスタイル:口臭 歯周病か舌汚れ疑って

     口臭が気になる人は少なくない。対策用のサプリや歯磨きグッズが多数出回っているが、そもそも、どうして口臭が漂ってしまうのだろう? 東京医科歯科大学の付属病院で「息さわやか外来」を担当する川口陽子教授に、原因や予防法を聞いた。

     ●生理的なものも

     「世の中に無臭の人は存在しません。どんな人にも『生理的口臭』があります」と川口教授は説明する。「誰でも、朝の起きたてが一番口臭が強く、食事をしたり歯を磨いたりすると下がる。空腹になるとまた上がる。ゼロになることはありません」

     他人が不快に思うレベル以下なら、これらは問題にならない。ニンニクを食べた時や、アルコール、たばこによる口臭も、一時的なものなので、治療対象にはならない。

     受診が必要なのは、何らかの病気が原因で起きる口臭だ。

     口臭は、口の中にいる細菌が、はがれ落ちた粘膜上皮や血液成分、細菌の死骸などのたんぱく質を分解し、においの原因物質である揮発性硫黄化合物が発生することで起きる。鼻やのどの病気、糖尿病などが関連している場合もあるが、90%以上は口の中の汚れや病気が原因だ。口臭が気になったら、まず口の中を疑うこと。川口教授は「歯科で口内の病気や汚れを取り除いてほしい」と勧める。

     ●細菌がうみを分解

     口内に関連する口臭の3大原因は(1)歯周病(2)舌の汚れ(3)唾液分泌の減少――だ。

     最も多いのは歯周病。歯周病になると、歯肉の組織が破壊され、出血したりうみが出たりする。この血液やうみを細菌が分解し、揮発性硫黄化合物を発生させる。揮発性硫黄化合物は歯周病を悪化させる場合もあるので、早めの治療が必要だ。

     「歯周病の予防には歯磨きが大切。フロスなどを使い、歯と歯の間をきれいに保ちましょう。初期の場合は、ブラッシングが治療の一つにもなります」と川口教授。定期的に歯科で診察を受け、歯石を取ったり、磨き方のチェックを受けたりすることも大事だ。

     ●朝食前に舌苔取る

     舌の汚れとは、舌の上についた白や淡黄色の「舌苔(ぜったい)」のこと。死んだ細菌やはがれた粘膜などからできており、これが舌の奥の方につくと、口臭の原因となることが多い。舌苔がついたら、水でぬらした軟らかめの歯ブラシか舌ブラシで磨いて取り除く。

     ポイントは1日1回、朝食前に行うこと。舌の粘膜は柔らかく、1日に何度もゴシゴシこすると、表面を傷つけてしまうので注意しよう。また、舌の汚れを落とせば、舌の表面にある「味蕾(みらい)」に食べ物の味が伝わりやすくなり味覚が敏感になる。舌はできるだけ前に出して磨き、舌全体がピンク色のきれいな状態になったかを鏡で確認すると良い。

     口臭は唾液の分泌量とも関係する。唾液の量が多いと、口の中の汚れが洗い流され、口臭は減るが、唾液が少ないと、口の中の汚れがたまって口臭が強まるという。唾液の分泌量は加齢とともに減るほか、緊張やストレスでも分泌が悪くなるので注意が必要だ。

     唾液の出が悪く、口が渇く時に役立つ「舌体操」を川口教授に教えてもらった。

     頬の片方を膨らませ、その内側に舌先をあてて上下に動かす運動を、左右とも行う。次に唇、頬の裏側と歯茎の間に舌を入れ、歯茎をなぞるように大きく回す。これを数回繰り返すと、唾液の分泌が促されるという。

     ●専門外来で測定

     ガムやサプリメント、洗口剤など、口臭予防をうたう製品が多数市販されている。だが、こうした製品で抑えられるのは生理的口臭。病気が原因の口臭は、根本的な原因を除去しない限り改善しない。

     川口教授は「自分のにおいは自分では分からない。口臭で悩んでいたら、専門外来でにおいを測定し、確認してはどうでしょう」と勧める。歯学部のある大学付属病院を中心に、全国に口臭専門外来があるので、気になる場合は受診してみよう。ただし、口臭測定は保険外診療。費用は全額自己負担になることに注意したい。【山崎友記子】

    歯周病

    • 2013.01.23 Wednesday
    • 07:55
    JUGEMテーマ:健康
    インターナショナル岡山歯科衛生士専門学校 
    インターナショナル岡山歯科衛生士専門学校の学生さんが臨床実習で私の医院で研修中です。
    今週のテーマは「歯周病」で歯周病の危険度チェックについてボードに書いてくれました。
    回数を重ねると要領よくまとめて書けるようになりました。

    二次ウ蝕

    • 2009.06.04 Thursday
    • 20:00
    JUGEMテーマ:健康
    090604_1242~0001.jpg
    今週のテーマは、二次ウ蝕についてです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM