医療費、2023年度に51・2兆円…政府推計

  • 2016.10.25 Tuesday
  • 16:24
 政府の有識者調査会は21日、保険診療に支払われる国民医療費が、 現状のままでは2023年度に51・2兆円になるとの推計値を公表した。 高齢化や医療の高度化で現行(14年度、40・8兆円)より10兆円 超伸びる見通し。  同調査会は、レセプト(診療報酬明細書)などのデータを使い、患者数 やベッド数の将来の変化を踏まえて23年度の医療費を推計した。現状の まま推移すると、入院医療費は20・9兆円、外来や調剤、歯科の医療費は 30・3兆円で、それぞれ現行より4・9兆円、5・6兆円上がる。  一方、対策を進めることで、最大計1・7兆円の節減が可能とした。高齢 化に対応した効率的なベッドの使い方などにより、医療費は0・8兆〜1・1 兆円減る。後発医薬品の普及や糖尿病の重症化予防などで、0・6兆円削減できる。  試算では、後発医薬品の普及率を15年度より24ポイント高い80%と 仮定した。

JUGEMテーマ:健康

秋の味覚、我が家の柿が色ずきました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM